歯科医選びに全力を尽くすことが治療全体の大きな決め手になってしまいます。

無くなった歯をインプラントに入れ替えた時から以前と違って息のニオイがどうも気になるという話もあるとききます。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。

ひょっとして、と思ったら、決して放っておかずに診察を勧めます。

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数は基本的に一生と説明されることに間違いはないのですが、現実的には、施術後のアフターケアと、担当医のスキルによっても変わるようです。

インプラントであるからと口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも悪影響になりますからそれだけインプラントの使用可能年数も左右されてしまうのです。

虫歯をひどくしてしまい、とうとう抜歯を迫られました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、別の選択肢としてインプラントを説明されて、メリットの部分が決め手でインプラントに決めました。

保険適応外のブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

治療後、食事ができるようになって、すぐ、隣の歯と同じように使えたので完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、気に留めておくべきポイントがあります。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、今治療中の病気、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする可能性は高いといえます。

注意してください。